ホバー祭り

ホバー祭り

冬の川 カメラの列や ホバ祭り

d0156718_09000032.jpg

今日は水面に少し漣が立って魚が見えにくいためか
カワセミは繰り返しホバーリングをしてくれました。

d0156718_09001118.jpg


f:6.3   1/500秒

d0156718_10101665.jpg



空中で羽搏き一点に留まりながら狙いを定めて・・・・






///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
by kame0401 | 2019-01-30 09:05 | Comments(0)

撮ってくれ!!

撮ってくれ!!

撮ってくれ 言わんばかりの ポーズとり

d0156718_11481625.jpg

風で羽根が乱れてるところをワザと狙ったな!



d0156718_11480055.jpg

カワセミの羽根の「濡れ羽色」を見て頂戴!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

by kame0401 | 2019-01-29 11:48 | Comments(0)

地蔵さん

お地蔵さん

カワセミさんに逢いに行くとき、近くの畑の脇にお地蔵さんが立っている。
親しみを込めた眼差しにいつも癒されることである。
d0156718_09264663.jpg
すくっと立つ枯れ枝の先端に留まるカワセミに何故か
あのお地蔵さんを重ね合わせるのは私だけだろうか・・・
d0156718_09265412.jpg

by kame0401 | 2019-01-28 09:35 | Comments(0)

今日のカワセミさん

今日のカワセミさん

有難うカワセミさん私は綺麗なカワセミさんの姿に
惚れて飛び込みを撮り損ねましたが、惜しいとは
思っていません、負け惜しみじゃなしに・・・

d0156718_20300618.jpg
天地創造の造物主の美的感覚は人の想像をはるかに超えている


d0156718_20313094.jpg
変な加工をするな!と叱られそう・・・・・・

by kame0401 | 2019-01-27 20:32 | Comments(0)

新望遠レンズは・・・


新望遠レンズは・・・

 カワセミクラブの仲間の方のお世話で前から欲しかった500㎜の望遠レンズを
手にすることが出来ました。早速カワセミさんに会いに行きましたが、新しい
レンズに私の技術が付いていかずの一日となりました トホホ・・・・・・・

でもこの単焦点レンズは思っていた以上に、 驚くほど軽く小さく手持ちでの
撮影も可能かと思わせる優れものです。

但し、私が使いこなせるのはいつの日か・・・・・・・・・・(笑)

d0156718_20123269.jpg
r">・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by kame0401 | 2019-01-24 18:46 | Comments(0)

サイケデリック・カワセミ

私の夢想の中に現れるカワセミは・・
撮影に行けないで家に燻っている私の能中画

d0156718_16064843.jpg

by kame0401 | 2019-01-23 16:12 | Comments(0)

机辺雑貨

机辺雑貨

d0156718_12560671.jpg


d0156718_13133933.jpg

大好きな筆架で座右で愛用しているものだが、李朝なのか裏表がどちらなのか
解らないが雑なところに何とも言えない味がある・・・


d0156718_13134970.jpg


///////////////////////////////////////////////


by kame0401 | 2019-01-21 12:56 | 私のガラクタ美術館 | Comments(0)

万博雑感

万博雑感

     近頃「大阪万博」が取り沙汰されるようになり、1970年の「大阪万博」が遠い昔の話に
    なってしまっている。当時は安保条約の70年改訂が一番の政治課題であり、国民の眼を
    逸らすための企画だと謂れ、私も見に行くことを拒否していた。いま跡地は万博公園に
    なり広い緑地は憩いの広場で私もよく訪れるところである。ただ散策していて残念なのは
    植生が成木を植え込んで急ごしらえで作った為に木々が自然に移り変わる生態系になって
    いない事である。それに引き換え明治神宮外苑はそれを考慮し創られているという話を聞
    き羨ましく思ったことである。
     岡本太郎作の太陽の塔は彼の代表作の一つで今や万博公園の象徴である。岡本太郎を意
    識したのは彼の著書「沖縄を文化論―忘れられた日本 (中央文庫)」で 独特の美意識を持っ
    た彼の文化論に惹かれたことを覚えている。先般この太陽の塔をイルミネーションで照らす
    というので出かけたがあまり感心したものではなかった。太郎も本意ではないのでは・・・
d0156718_11475339.jpg
モノレールから望む太陽の塔




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


by kame0401 | 2019-01-19 12:05 | Comments(0)

旅の連れずれにー絵慰み


旅の連れづれにー絵慰みー

この絵の烽火台は王維の詩で有名な陽関にあり、砂漠の
真ん中にぽっんと建っている。
詩情溢れる舞台装置の中に一度は立ってみたいと
予てから願っていた処である。

「君に勧む,更に一杯の酒を尽くせ,西の方,陽関を
出づれば故人なからん」
    漢詩の朗詠でも有名な陽関三畳とは三度重ねて朗詠する
    ことで、ここで謂う故人とは知人のことで辺境へ旅立つ
友への餞の詩なのだ・・・


d0156718_17450042.jpg


d0156718_17443972.jpg


1999年にツアーに参加しての旅だったが、念願の
烽火台を前に夢中でスケッチをしたのを覚えている。
烽火は狼煙とも書き、狼の糞を集めて燃やし煙を上げ
た処から付けられたとか、正にロマンに満ちている。
 この砂漠の中ではネットの時代でも電波も通じづ狼の
糞に頼らざるを得ないのではないか・・・・・(笑)
 今この絵を見てもその時の興奮を思い出す・・・・・
旅の慰みの絵も今となっては私の貴重な宝物である。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


by kame0401 | 2019-01-18 17:45 | 旅のつれづれに | Comments(0)

今年も頑張るでー


今年も頑張るでー

d0156718_20031532.jpg






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

by kame0401 | 2019-01-17 20:04 | Comments(0)

人生二毛作を目指して・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31