今年も色々と有難うございました
良いお歳をお迎え下さいますよう

d0156718_21265306.jpg

藤本 重廣/靖子



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

by kame0401 | 2018-12-30 21:30 | Comments(0)

夕陽を享けて




夕陽を享けて
d0156718_18514194.jpg


by kame0401 | 2018-12-30 18:52 | Comments(0)

地獄の釜の蓋が開く前に

地獄の釜の蓋が開く前に

私の友人に極楽は退屈だから地獄に行きたいというのが居るが、私は心配
しなくても地獄行き間違いなしだと思っている。若い時たくさんの虫を殺し
て標本にしたりゲテモノ喰いと称して蛇や蛙を喰ってきた報いが来るに違い
ない。 閻魔さんに言い訳をするだろうがうまく言い逃れられるかどうか?

d0156718_11453319.jpg


地獄でもパソコンが使えてブログが書けたら「地獄見聞録」でも書くかな?

d0156718_11453839.jpg


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


by kame0401 | 2018-12-28 11:49 | Comments(0)

寒風の川物語

寒風の川物語

d0156718_20340576.jpg

 寒い寒いと言いながら重いカメラを持って彼らはやってくる、私もその一人である。その川にはカワセミさんやアオサギさんが出てくれるからである。そしてカメラ仲間の人が挿した枝棒に留まって呉れる。これで上手く撮れなかったらアホである。
 これをヤラセだと言う人が居るかも知れないが、動物園でも演出があるのだから・・・
 自然と共存するにはそれなりに人の知恵も必要だと私は思っている。
 いつ見ても、カワセミや特にアオサギの冬毛が寒風に靡くさまは美しい。      

 自然は人の思惑や雑音から超然とした存在なのだ。

d0156718_20334850.jpg

by kame0401 | 2018-12-20 20:40 | Comments(0)

旅の拾い物

旅の拾い物

  その昔1982年というから36年も前に、パキスタンのナンガパルバット山のベースキャンプを目指す山岳ツアーに参加した時、往途にガンダーラのタキシラ遺跡を訪れる機会があった。例により地面に落ちている遺跡の欠片を見つけてロハのお土産に。
d0156718_16470346.jpg
この壺の口に当たるであろう10cm余の土器片は削り加工をして筆を置く筆架にして座右に
今はもう山に登る元気も金もない・・
d0156718_16471987.jpg
d0156718_16472971.jpg

by kame0401 | 2018-12-16 16:48 | Comments(0)

昔は好かったのか

昔は好かったのか
d0156718_11282149.jpg
「日々好日」と思えない人が使うのが「昔は好かったと・・・」、戦争に明け暮れていた時代でも。
先の大戦というとき私は太平洋戦争を指すが、京都の一部の人は先の戦争は「鳥羽伏見の戦い」を
指すのだそうな・・・。 
 京都東山や大阪阿倍野の大きな墓地を歩くと立派な戦没者の墓石を見かけるが、このようなものが
建てられなくなって久しい・・・。忠魂碑の類や「ひめゆりの塔」などが二度と建てられることの
ないような時代が続いてほしい。 

 ベトナム戦争反対のデモ行進が御堂筋を埋め尽くしたことを知る人も少なくなってきた。韓国に
徴兵制度があることを、戦争を知らない・徴兵の意味すら知らないで平和を守れるのだろうか?



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

by kame0401 | 2018-12-16 12:02 | Comments(0)

飽食の時代


飽食の時代

70年前、私の弁当がアルミの弁当箱に配給のトウキビの粉の蒸しパンという時代に、農家の生徒の
シャリの弁当が盗まれ弁当殻が便所に捨てられているのを見ても私はケシカランと思わなかった
のは?   

給食世代の家内が謂う「脱脂粉乳の臭い匂いが嫌だった」をモットモと思えないのも飢えた世代の哀しさな
のだ。
いま、何でも食べることができる飽食の時代になり、悔いを残さぬように思い切り食べようにもイカンセン
既に食が細くなった胃袋ではどうしようもないのだ・・・・嗚呼!

d0156718_13175877.jpg

カワセミが美味しそうに小魚を飲み込む姿に何思う?   最近のブログは愚痴が多いってか!  いよいよ棺桶に入る日が近いってことか・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

by kame0401 | 2018-12-13 13:27 | Comments(0)

12月8日 敗戦の始まり

12月8日 
敗戦の始まり

戦中世代の私は12月8日というと先の大戦{大東亞戦争「植民地解放を掲げて 当時はこう呼ばれた」}が始まった日であり、カワセミの姿にさえ当時の0式戦闘機を重ね合わせてしまう、あの時代を生きた男の悲しい性である。たくさんの若者が戦場に散りいまだ帰らぬ遺骨も多いという。
.
d0156718_09465674.jpg
若い世代の中には日本がアメリカと戦争したことさえ知らない人がいるというから恐ろしい。月日は百代の過客、過ぎ去る旅人の足も忙しく速足である。 戦中派の半ボケ老人がゼロ戦ならぬカワセミの写真撮影にうつつを抜かす事が出来るのは、今が平和な日々である証拠である。



by kame0401 | 2018-12-09 10:00 | Comments(0)

白秋と玄冬と

白秋と玄冬と


d0156718_20360980.jpg
真っ白なススキは秋の

d0156718_20301429.jpg
  
玄冬の玄は黒、真っ黒なカワガラスは冬の象徴か?  冷たいだろうな冬の河!
夏は朱夏というが、何が夏は朱いのだろうか?



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

by kame0401 | 2018-12-07 20:46 | Comments(0)

晩秋の一コマ

晩秋の一コマ

カワセミは出が悪かったが鳥ならぬ蝶との出会いに晩秋を感じた一日でした
d0156718_22104989.jpg
キタテハ  この辺りを縄張りにしているらしくほかの蝶が来ると素早く追い払う

d0156718_18081093.jpg
d0156718_22112420.jpg
蔦の紅葉は秋の陽を享けて鮮やかに映える

d0156718_22111057.jpg
d0156718_17413686.jpg
ベニシジミ   小さなシジミチョウだが陽を享けて輝いている



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

by kame0401 | 2018-12-02 22:06 | Comments(2)

人生二毛作を目指して・・・