冷たかろうにカワセミさん


d0156718_09054597.jpg

私はねえ 生きてる魚の踊り食いしかしまへんねん!
さよか せやけど気いつけな落としまっせ!


d0156718_21330799.jpg
ほらほら気付けんと落とすがな!

by kame0401 | 2018-11-24 09:06 | Comments(0)

ヤマセミさんの今日

ヤマセミさんの今日

今日のヤマセミさんは機嫌よく迎えてくれました、有難うね!

d0156718_20094413.jpg

  

カワセミが人里近くに棲息するのに比してヤマセミは
山里の鳥で逢うのは難しい、だからこそ美しく気高い

d0156718_21033641.jpg
d0156718_18375806.jpg

by kame0401 | 2018-11-12 21:07 | Comments(0)

セイダカアワダチソウ哀れ

戦後のある時期、アメリカから帰化したセイタカアワダチソウが山野に繁茂した。
根から出す毒素で他の植物を害し日本の在来植物を駆逐するのではないかと心配されたが、
近年になり気が付くと薄や葛に負けて背も低くなり、ひっそりと暮す哀れなアワダチソウ
見かけるようになった。 自然の摂理なのだろうが当時を知る私は、感慨深いものがある。



d0156718_11362178.jpg



d0156718_12171824.jpg

by kame0401 | 2018-11-09 11:36 | Comments(0)

モンシロチョウ

モンシロチョウ

秋の日差しに翳してみるとその清楚な美しさは色彩に
彩られたどの蝶にも負けない艶やかな美しさがある。

アメリカセンダン草の花の蜜を吸うモンシロチョウ

d0156718_18403228.jpg


本当はモンシロチョウではなくモンクロシロチョウなんだけどなあ?   モンク・口 多いぞ!



by kame0401 | 2018-11-05 18:32 | Comments(0)

嗚呼 青春

 
嗚呼 青春

青春が青く、朱夏は朱く白秋は白い玄冬が黒いとは昔の人は上手く季節を名付けたものである。
その青い最中に過ごした茨木中学の戦中戦後の6年間は印象深く、その間に接した教師や友人は私の
人格形成に多大な影響を与えた。それは良い意味だけでなく反面教師としても私の中に残っている。
私の入学したころの茨木中学は今のような有名進学校ではなく、ニワトリ学校と揶揄されたように
学校では全校生徒は冬でも裸足で生活していた。冬の霜柱の建っている朝の校庭で裸足で並んで校長
の訓辞を聞き、そのあと裸足のまま駆け足で校庭を一周して教室に入る。 栄養不良としもやけの      
 手足を庇う術もなく悲惨な毎日であった。    時計台の白塔をはじめ校舎もすべて建て替わり
横を流れ茨木川も当時の面影を残していないのは寂しいが、背後の竜王山の佇まいは変らない。
1957年とあるから61年も前に描いたスケッチである・・・・・・・・・・・。
d0156718_12551060.jpg



by kame0401 | 2018-11-04 12:57 | Comments(0)

人生二毛作を目指して・・・
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30