落書きはすでに熱中症

落書きはすでに熱中症

近頃は暇つぶしは団扇に落書き、材料費は広告宣伝で配られる団扇を洗う手間と和紙ぐらいなもの・・・
それが上手く描けなければ洗えばよい。貰ってくれる人がないからブログに・・・・(笑)


d0156718_09575910.jpg
死ぬなら土日を選べば、閻魔さんはお休みしているから舌を抜かれずに済むかもね?(笑)

d0156718_09580824.jpg
「天国は予約で3年待ち」地獄見物も満席なら仕方ない、このまま暫く娑婆暮らし・・・


by kame0401 | 2018-08-28 09:59 | Comments(0)

ハナムグリ

ハナムグリ

花に潜るところから「花潜り」の名が付いた、「アオハナムグリ」か
「コアオハナムグリ」だろうと思うがアジサイの花に潜っている。

d0156718_16191940.jpg

d0156718_16263767.jpg

by kame0401 | 2018-08-27 16:27 | Comments(0)

落書・楽絵

落書・楽絵

昔欲しくても高価で手の出なかった李朝の品々で、
広告で貰った団扇を洗って和紙を張り落書き・・・
昔も今も欲しいけれど高価で買えない逸品を絵心で
大好きな会津八一の書からも無断借用・・・
d0156718_19025482.jpg


d0156718_19025909.jpg
小さな耳杯だけは我がガラクタ美術館所蔵品

d0156718_19030681.jpg
会津八一の書から・・・日々真面目などあろうはずがないのに、面目ない!
d0156718_19030351.jpg
「呆れ蛙」と読んで貰おうと思って・・・・・








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


by kame0401 | 2018-08-20 19:04 | Comments(0)

空蝉・魂の抜け殻?




空蝉・魂の抜け殻?
d0156718_11412744.jpg

中国古代の玉蝉

d0156718_17012516.jpg
四面十臂金銅佛

蝉は土中から生まれるのに因み、中国では死者の再生を希い
小さな玉の蝉を口に含ませて葬る風習があったと謂われる

マンションの楡ケヤキの幹に空蝉の抜け殻がシガミ付いている。
わが身を見るような気がするのは僻みだろうか・・・・

あの暑い夏の日差しを苦にもせず山野を闊歩していたのが
信じられない今日この頃の自分である・・・・

蝉の騒々しい鳴き声は「私の心はヴァイオリン」とは聞こえないですね・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

by kame0401 | 2018-08-13 11:41 | Comments(0)

人生二毛作を目指して・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30