2016年 12月 04日 ( 1 )

      

忘れえぬ山・忘れえぬ友(1)    
           

                     

「大峰山とH君」  

  

          忘れえぬ友といえば、この写真の左にいるH君だろう。 彼とは一緒によく山に登ったが、
          彼自身は単独行が好きだった。 大峰山へ吉野から奥駆け道を夜を徹して歩いたことが
          何回かあったが、これはその時のものだと思う。進駐軍放出の寝袋を手に入れたばかりで
          嬉しくて自慢の写真を撮ったのだと思う。当時朝鮮戦争のお陰で?放出の寝袋やスキーを
          安く手に入れて重宝したものである。寝袋は米軍兵士の死体を入れて運んだものだとか噂
          が流れていたが、毛布一枚で震えていた我々は悪夢にうなされる事も承知で手に入れた。
           山仲間随一のタフガイだった彼は交通事故の輸血が災いしてC型肝炎であっけなくこの
          世を去った。私が山行の漢詩集を出版した時一番うらやましがってくれたのも彼だった。
          忘れえぬ山大峰と若かりし頃、奥駆け道を二人で飛ぶように駆け抜けた、そんな思い出を
          話したくても君はもういない・・・・・・
d0156718_12543702.jpg

by kame0401 | 2016-12-04 12:52 | kameの独り言 | Comments(0)

人生二毛作を目指して・・・
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31