2016年 09月 20日 ( 1 )

銀シャリ三昧





            銀シャリ三昧


         カワセミ仲間のMさんから新米を頂いた。この時期獲れたての新米は、炊くと白銀に輝き、将に銀シャリの
         名に相応しい。 戦後間もない頃大阪梅田界隈には大きな闇市が広がり、食べるものから時計など日常品
         が溢れていた。一日中腹をすかしていた私などは、闇市で白米の握り飯が銀色に輝いていたのが今でも
         鮮明に脳裏に焼きついている。「銀シャリ」と言う言葉が私の世代には特別な響きを持っているのは腹ペコ
         青春世代の象徴的な存在だったからだろうか・・・
         当分この新米で「銀シャリ三昧」といきますか!
d0156718_13495816.jpg

by kame0401 | 2016-09-20 13:47 | 絵手紙春秋 | Comments(0)

人生二毛作を目指して・・・
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30