2014年 07月 08日 ( 1 )

            松風 世阿弥が仕上げた「幽玄無上」の古作

           シテ梅若玄祥師  2014.6.28 大槻能楽堂


         先の「熊野」に次ぎ「熊野・松風・米の飯」 の(2)は「松風」である。 それも梅若玄祥師がシテで
         願ってもない機会である。 
d0156718_21462037.jpg

         揚幕の影から現れたシテの玄祥師を観て先ず驚いた、そのボリュームの大きさにである。

d0156718_2117514.jpg

         汐汲み車を曳くところ 「月は一つ 影は二つ満つ汐の夜の車に月を載せて」

d0156718_21225996.jpg

         行平の形見の烏帽子と長絹を掻き抱き、ついには形見に面を埋めて泣く

d0156718_21465957.jpg

         「あら嬉しやあれに行平のお立ちあるが」

d0156718_2147258.jpg

        中の舞の玄祥師は、あの橋掛でのあのボリュームは消えて、同一人物とは思えない舞台姿を堪能。

d0156718_21482622.jpg

         「これは懐かし君ここに・・・・・・・・・磯馴松の懐かしや」

d0156718_2149933.jpg

         「夜も明けて村雨と聞きしも今朝見れば松風ばかりや 残るらん 松風ばかりや 残るらん」


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
by kame0401 | 2014-07-08 21:31 | 舞台寸描 | Comments(0)

人生二毛作を目指して・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31