2013年 04月 17日 ( 1 )

求塚

            求塚      舞台寸描(13)

            2013.3.23 大槻能楽堂  喜多流 シテ友枝昭世師

         二人の男に言い寄られた一人の処女が、その選択に苦しんで生田川に投身し、
         二人の男も互いに刺し違えて死んだ。そのため女は地獄に堕ちて苦患を受けるが、
         その間にもなほ執心を捨てかねている様を題材とした能である。
         前段の美しさと後段のもの凄さとが相俟って、名曲の一つとされるのも頷ける。
         久方ぶりに筆を執った後シテのなぐりがき舞台寸描を・・・・・・・

d0156718_8535171.jpg

         いつまで草の陰  苔の下には埋れん  さらば埋もれ果てずして  苦は身を焼く  
         火宅の栖ご覧ぜよ  火宅の栖ご覧ぜよ

d0156718_8563383.jpg

         あら痛はしの御有様やな  一念翻せば無量の罪をも免るべし

d0156718_8591897.jpg

        鬼も去り  火炎も消えて  暗闇となりぬれば  今は火宅に帰らんと  
        ありつる栖はいづくぞと  あなたを尋ね  こなたを  求塚いづくやらんと  
        求め求めて辿り行けば  

d0156718_9027.jpg

        求め  得たりや求塚の  草の陰野の露消えて  草の陰野の露消え消えと 
                
d0156718_18444189.jpg

        亡者の形は失せにけり  亡者の形は失せにけり 
d0156718_2155163.jpg



////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

by kame0401 | 2013-04-17 08:31 | 舞台寸描 | Comments(0)