2011年 03月 28日 ( 1 )

阿修羅のごとく

 

  阿修羅のごとく  遍く命を与えよ  そして平和な日々を ・・・・



d0156718_11324619.jpg



  阿修羅は、本来サンスクリットで「asu」が「命」、「ra」が「与える」という意味で善神だったとされる。 

  修羅道だとか修羅場だとかいう言葉が持つイメージとはかなり掛離れているが、本来の阿修羅は
  興福寺の阿修羅像が示すようなものなのだろう。
  
  この絵は阿修羅ではなく、チベット蜜教の「チャクラサンヴァラ」という仏で、肩から下が欠け落ちた
  青銅の小さなこの仏は緑青の色が美しい。 私はこの仏に阿修羅のイメージを重ねて観ている。

  震災の惨状をTVで観てから何も手につかず、気持ちを建てなおそうと先日来この絵を描き始め  
  三日がかりで仕上げたもの。 四面の顔を持ち、腕が十二本もあるこの仏に願いを籠めて・・・。

  願わくば阿修羅の仏よ、チャクラサンヴァラの仏よ
 
  遍く命を与え、平和な日々を一日も早くもたらし給え。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by kame0401 | 2011-03-28 01:53 | 私のガラクタ美術館 | Comments(0)

人生二毛作を目指して・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31