2010年 04月 28日 ( 1 )


                   古面の眼差し        
    
   

        この面は「猿飛出」です。 世阿弥が「平家物語」にある頼政の鵺退治の
         話を脚色して創った能の曲目に「鵺(ぬえ)」というのがあります。
        この面は、その鵺の亡霊の面に使えるのではと思っています・・・

        鵺は、頭が猿、尾は蛇、手足は虎に似て、啼く声は鳥の鵺の
        ようだと言われていますが如何でしょうか。


d0156718_11562863.jpg

                             「猿飛出」

        古面の魅力・迫力は、ボロボロに欠けていてもなのか、欠けている
        からこそなのか、いまだに良く解りませんが・・・

      
        時空を超えた古面の眼差しは、いつまで眺めていても、何度眺めても
        飽きることがない不思議な何かを持っています。


d0156718_1203516.jpg
    


        この「猿飛出」が私のところに来るまでの履歴は全く不明です。
        何処かの舞台で、誰かがかけて舞っていたのは確かですが。
        そんなことを考えると歴史のロマンを感じさせてくれるのです。

        ひょんな縁で、私の処へ来てくれたこの面は、このまま、欠けた
        ままで次の人に渡そうと・・・
                  
        下手な修復などしない方が良い、いやするべきでないと言うのが
        私の持論ですが、依頼されると難しい修理も引き受けます。
        
        それは、古面と対峙すると不思議なエネルギーを貰えるからで、
        日ごろの能面作りの糧にしています。
        これぞ、正に地球にやさしいエコのエネルギーですよね。


         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         
by kame0401 | 2010-04-28 13:34 | 能面雑話 | Comments(0)

人生二毛作を目指して・・・
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30