丹波窯山椒味噌漬壺

           丹波窯山椒味噌漬壺   名残の一輪


          最近見かけなくなった物の一つにこれがある。こういうものを手づくりで拵える職人もいなくなったの
          だろうか。 白い釉薬の上に鉄釉薬で一見無造作に書かれた山椒味噌漬の文字も一つひとつ異なり
          それが味となり窯の中で歪んだものもまた味があり、それを選んで買ったりしたものだった。小さな
          取っ手を付けて一輪挿しにしても好いしそのまま棚に飾るのもよい。

d0156718_10401873.jpg

          この手のものは昔は使い捨ての容器として大量に造られた駅弁のお茶の容器と同じで中身がなく
          なると同時に捨てらる運命の品であったから案外遺されていないのである。今となっては貴重な
          逸品でわがガラクタ美術館にふさわしい贓品である。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

by kame0401 | 2015-05-22 10:32 | 私のガラクタ美術館 | Comments(0)