イムレイ群像ー3

       イムレイ群像 (3)


        この絵は31.8×24.3の小さなものだが、そこにグアッシュで描かれた顔の絵は一人づつ大きくして
        みると丁寧に描かれており、それぞれ表情豊かなことに驚かされる。
d0156718_1450020.jpg

d0156718_1517495.jpg

        これは「大正期展覧会リーフレット貼込帖」として古書店が扱ったもので、すでに売却済みだが
        ネットの検索で見つけたものである。これこそ大正9年に松坂屋で萬山緑舎主催のイムレイの
        展覧会のリーフレットではないか。出品されたイムレイの絵の画題が列記されている。ヤッタこれで
        我が家のイムレイの絵の名前が判ると思ったが、残念ながら、ご覧のように字がぼやけてほとんど
        読むことができないのである。題名と値段が書かれている貴重な資料である。ネットというのは
        ほんとにすごいと思う。「イムレイ・画家」で検索をかけるとこんなものが以前の私のブログと一緒に
        出てくるのだから。一瞬喜んだがイムレイの謎解きはまた闇の中に沈んで行ったのである。

        と思っていたら先に訪ねてこられたH県立美術館の学芸員の方は扱った書店と連絡を取り、現物
        の記載内容を入手され、さきに来宅のとき、その「絵の題名と値段」の一覧を頂いた。 しかし残念
        ながらその中には、私のイムレイに相当するような題名は見当たらなかった。 もしかするとこの
        展覧会で購入したものではないのかもしれない。
d0156718_14501044.jpg


d0156718_14503870.jpg
d0156718_14505066.jpg
d0156718_1451216.jpg
d0156718_14515228.jpg

by kame0401 | 2015-02-03 14:46 | 私のガラクタ美術館 | Comments(0)