燕岳難渋記



    燕岳難渋記
    
山岳残日録


       燕岳難渋記の始まりは、JR中央西線の運休で、今月9日南木曽で起きた豪雨による橋梁流出で
       運行再開の見込みも立たないと言う。その事を、出発當日に駅の窓口で初めて知り慌てたことで
       ある。仕方なく直江津を経る大廻り、一日がかりで登山基地の中房温泉に到着。
       その次は24日の朝、起きてみると雨模様で登るのを中止、お陰で温泉三昧の一日となる。これを
       難渋と言えるかどうか議論の分かれるところではあるが・・・・・・・・
       翌25日は好天、日本アルプス三大急登の一つとして名高い合戦尾根に挑戦である。これが第三の
       の難渋で、途中の合戦小屋を過ぎる辺りまでは何とか頑張っていたが、最後の登りでばてて燕山荘
       にやっとこさで辿りついた。

       (註)北アルプス三大急登   烏帽子岳のブナ立尾根・鹿島槍の赤岩尾根・燕岳の合戦尾根

d0156718_20114855.jpg

       燕山荘は建て増しを続けて大きくなり私の泊ったのは三階で小屋の中でも上り下りが厳しい。
       この日は五畳敷きの部屋に8人でゆっくり寝ることもままならない。明日は10人だと言うことだった。
d0156718_20131087.jpg

       燕山荘の荷札で、有名な版画家の畦地梅太郎の版画「山男」で洒落たものである。
       山荘の設えも民芸風の私の大好きな雰囲気で食事もご馳走である。

d0156718_2018427.jpg

       お花畑の彼方には槍ヶ岳が遠望できる。一昨年80歳で登った感慨深い山である。ミヤマキンバイか

d0156718_17154775.jpg

       燕山荘近辺から燕岳にかけて砂礫の斜面にはコマクサの群落が見事で、写真の後ろのボケた
       ピンク色は全てコマクサで、そのバックの山は燕岳である。

d0156718_16374273.jpg

       夕陽を受けて白いガスの中に出現したブロッケン現象である。日本では昔から「ご来迎」と呼び
       光の中に仏を観たのである。

d0156718_21161089.jpg

       燕岳を写した写真の中に、何と「UFO」らしきものが写っているではないか
       明くる26日、急坂合戦尾根の降下は最後の難渋で本当に泣き泣き下り、、老化の現実を否応
       無しに自覚させられたが、UFOの助けもあり、難渋を極めた今回の山行もなんとか無事中房温泉
       まで辿りつけたのである。
       中房温泉で「不老の泉」と言う名の銘泉に入ったが簡単には蘇える訳はない。さてさて最後の難渋
       は帰路の選択で宿の主人と相談したりした揚句穂高駅から松本へ行きそこからバスで高山へ、
       そして岐阜経由の特急で大阪へと相成り27日によろよろで帰阪することが出来たと言う訳。

         燕の 合戦尾根の 険しさは 残日録に 老いの烙印        天山
by kame0401 | 2014-07-30 20:03 | 旅のつれづれに | Comments(0)

人生二毛作を目指して・・・
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31