初期伊万里の皿

        初期伊万里芙蓉手銀杏紋の皿   
                                            私のガラクタ美術館(28)
 

        今回のガラクタ美術館は先の阪神淡路大震災の際に割れて不揃いになった初期伊万里の皿である。
        径14.5センチ、高さ3、5センチで、高台は5センチ所謂1/3高台と言う初期伊万里の特徴をもち私の
        大のお気に入りの逸品である。
        
d0156718_15334673.jpg

        初期伊万里は秀吉の朝鮮侵攻の際、連れ帰った朝鮮陶工が伝えた匠の技で作られてものだという
        料理を盛り付けると食卓の中で際だって目を引き、私を嬉しくしてくれる逸品である
d0156718_220389.jpg

        この初期伊万里の皿は結構高かったが、大事に蔵入りさせるより普段に佳いものを食卓にと思い使って
        いたため震災の被害に遭ったのだが後悔はしていない。五枚のうち一枚は修理不能だったが、二枚は
        欠けた皿の縁を自分で金繕いして今も普段に使っている。
d0156718_15342053.jpg

        コバルトの発色も日本では柞(ゆす)の木の皮の灰を釉薬に使うことで少しくすんだ味が出ているのだという
d0156718_1835403.jpg

        中国景徳鎮の完璧な造形と純白な色に対し、朝鮮李朝の流れをくむ初期伊万里は造形も柔らかく、濁った
        米のとぎ汁の白と評され、日本人好みの枯淡の味わいを持っている
d0156718_17194723.gif
 
        中央の紋は「三つ銀杏紋」とよばれる銀杏の葉を三枚合わせたものである


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
by kame0401 | 2014-02-18 15:34 | 私のガラクタ美術館 | Comments(0)

人生二毛作を目指して・・・
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31