桃の毛物語

         桃の毛物語  電気シェーバーは桃の毛を剃れるか


        今は桃の美味しい季節である。頂戴物の桃を見ながら、また何時ものあのことを思いだしていた。
d0156718_18474048.jpg

        桃の実には細かい柔らかな毛が密生している。リンゴのように皮ごと丸かぶりするのを躊躇するのは
        この毛のためかも知れない。良く見れば、ビロードのような毛が全面に見事に密生している。
        ところで童話「桃太郎」に出てくる桃は先が尖った形をしているが、30年前に中国を初めて訪れた時、
        市場であの尖った桃太郎の桃が並んでいるのを見て感激したのを思い出すが、いまはどうだろうか。
d0156718_1848189.jpg

        何時も思いだすあのことは何かと言うと、それは「電気シェーバー」である。それは電気シェーバーが
        出始めた頃の話だから随分昔のことである。いつの時代も同じだろうが、各社ともわが社の性能こそ
        一番と宣伝にこれ努めたのは言うまでもない。     
        ひげそりと言うのは簡単そうに見えてなかなか厄介なもので、散髪屋さんで昔ながらのカミソリを使って
        剃ってもらったように巧く剃るのはそう簡単なことではない。伸びすぎても剃りにくいし、剃り残した短い
        髭も厄介である。
        電気シェーバーの性能もどんどん改良されて、硬い髭から柔らかい産毛まで剃れると宣伝合戦になる。
        しかし電気シェーバーはどちらかと言うと柔らかい毛は苦手でなので、それがうまく剃れると言うのが
        宣伝のうたい文句になり、挙句に「わが社の電気シェーバーは桃の産毛が剃れます」というのが現れた。
        これは本当に剃れるのかどうかより、笑うしかなかったが、広告宣伝の行きつく先の面白さでもあり
        今でも桃を見ると必ず思い出すことである。




・…・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by kame0401 | 2013-08-09 18:44 | kameの独り言 | Comments(0)

人生二毛作を目指して・・・
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31