奈良芝能「野守」

           奈良芝能「野守」    平成25年3月16日(土)


         
         第一部 奈良県文化会館小ホール  解説とワークショップ
         第二部 奈良県庁舎正面前広場   芝生舞台 能「野守」・黒頭天地乃声  シテ山中雅志師
d0156718_20245782.jpg

         昔この野に住みける鬼のありしが、昼は人となりてこの野を守り、夜は鬼となって
         これなる塚に住みけるとなり、されば野を守りける鬼の持ちし鏡なればとて、
         野守の鏡とは申し候
d0156718_20254173.jpg

         東方、または南西北方を映せば八面玲瓏と明らかに
d0156718_2026331.jpg

         天を映せば非想非々想天まで隈なく
d0156718_2027158.jpg

         さて又大地をかがみ見れば、地獄の有様を現す一面八丈の、浄玻璃の鏡となって
d0156718_20272860.jpg

         すはや地獄に帰るぞとて
d0156718_20295432.jpg

         大地をかつぱと踏み鳴らし 大地をかつぱと踏み破って奈落の底にぞ入りにける
d0156718_20284313.jpg

         これは泉佐野市にある「蟻通神社」に伝わる古い「大癋見(オオベシミ)」と言う能面だが、
         箱書きには明和年間に氏子の旧家に代々伝わったこの面を奉納したと記されている。
         神社では「雨降らしの面」として古くから雨乞神事に用いられたものだという。
         雨降らしの面では世阿弥が使ったと言う佐渡西法寺の異形の「神事面癋見」が有名だが、
         岡山県七社八幡宮に伝わる「翁白式尉」は水で洗うと雨が降るという伝説があるという。
         豊橋の比売天神社では女面が使われ、水で灌がれたため彩色は殆ど剥落しているという。

        
         さて今回の大癋見もかなり古く、少し変わった癋見であり全面がかなり白く剥落しているのは
         雨乞いの時に水で洗ったためかも知れないなどと想像を膨らませてみたくなる。
         当日は佳い天気だったのが、能が始まると怪しげな風が吹き始め野守の黒い頭を逆巻き
         やはりと想わせるものがあり、話題にしながら帰途についたことである。

by kame0401 | 2013-03-27 18:46 | 能面雑話 | Comments(0)