インド・ネパール・チベットの印章

      インド・ネパール・チベットの印章    私のガラクタ美術館(16)
      

今回のガラクタ美術館は、インド・ネパール・チベットの旅で蒐めた印章である。トレッキングの道中、街のバザールや骨董店で購めたもので、金や銀にラピラズリ・サンゴなどが使われ細工も手が込んでいるものがある。この手のものも、蒐め出すと面白く、しかも道中かさ張らず、帰ってから家で飾ると、その時々の旅の思い出が蘇えると謂うものだ。
d0156718_10215716.jpg

はるばる海を渡り、我が家に勢揃いした様々な印章たち

d0156718_14474639.jpg

チベットの印章で、チベット仏教・ラマ教の僧が加持祈祷などに使うものと謂われている

d0156718_14394351.jpg

上記のチベットの印章で、共に蓮華紋印

d0156718_10584048.jpg

d0156718_17121282.jpg

ネパールの印章で、尖塔(ミナレット)形と謂われるもので、鈕にはヤクの角や白玉が使われている
下段もネパールで購めたものだが、ストゥーパ(仏塔)形や唐草文様のもの、中央のものは、白い部分が骨で作られていて、ドクロを模している
d0156718_1440527.jpg

d0156718_1713193.jpg


ネパールでは、ヒンズー教とラマ教の寺院があるが、これは上記のラマ教の印章で左から、阿吽印・金剛杵印  いずれもチベットと共通したものである

d0156718_8463078.jpg

ラマ教の寺院の屋根に良く見られる形で、五輪の仏塔ではないかと思う

d0156718_8465844.jpg

上記の印章で阿吽印

d0156718_848164.jpg

鈕は、ヒンズー教のガルーダ(カラス天狗)と背後はナーガ(こぶら)

d0156718_8484631.jpg

上記の印章で阿吽印


d0156718_14422742.jpg

インドの印章で、ヒンズ―教の神殿で使われる神殿印だと謂われ真鍮製である

d0156718_14431990.jpg

d0156718_1716134.jpg

上記のインドの神殿印の印面で、左から二つはハーリーティ(鬼子母神)を、右端はラクシュミ―・ ナラヤンを表していると謂われる     蝋型で鋳造したと思われる精緻な模様はインド独特のものである



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by kame0401 | 2012-07-28 10:52 | 私のガラクタ美術館 | Comments(0)

人生二毛作を目指して・・・
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31