ネパール寸描

  ネパール寸描    旅のつれづれに(7・街シリーズ)

 1981年初めてネパールを旅した時のスケッチで、これを観ると色んな事が
 思い出されて懐かしい。
 30年も前のことでだけれど、見るもの聴くもの全てがカルチャーショックで
 鮮裂な記憶となって今も残っている。
 ヒンズー教とチベット仏教の混在した中世そのままのような世界で、神牛が
 街中を歩き回り、その傍で人が物憂げに佇むのが観られる。
 同じ地球上とは思えないほど、そこでは時がゆっくりと流れているのを肌で
 感じることが出来た。

d0156718_1854999.jpg

  バクタプールは、バドガオンとも呼ばれ「信仰の町」を意味するという。
 9世紀ごろに築かれ、18世紀に現在の首都カトマンズに移るまでここが
 首都で立派な宮殿が残っている。

d0156718_186364.jpg


d0156718_1862415.jpg

  カトマンズでは旧王宮のあるダーバースクエアからインドラチョークを通り
 アッサントーレへと続く道がメインストリートであり、バザールもあり、何時も
 賑わっている。何度歩いても退屈しないこの道が私は大好きである。

d0156718_1864849.jpg

             カトマンズからバクタプールへ向かう途中にあるティミは焼物の街で
             道端で水甕や壺を藁や籾がらで蔽い野焼で作っているのが観られる。


    いま、こうして段ボール箱の中に眠っていた30年も前のスケッチを、
    ブログに少しずつ載せていく事で、自分の中の青春を蘇らせることが
    出来るのではないかと儚い夢に願いを込めながら・・・・・・・



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
by kame0401 | 2011-06-14 08:02 | 旅のつれづれに | Comments(0)

人生二毛作を目指して・・・
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31