玉羊頭符契  私のガラクタ美術館(4)



  玉羊頭符契


がらくた美術館の収蔵品、例により、出所不明である。

玉で作られた符契(割符)だと思う。サイズは65×45×45ミリ。

大きな角を持つ雄羊の頭が、縦に二つに割れるようになっていて、それぞれに「師」の文字が
凹凸に彫られている。合わせると、ぴったり符合するように作られていることから割符として
使われたものではないか。

d0156718_10502953.jpg



d0156718_10505250.jpg



d0156718_10512070.jpg



d0156718_10514276.jpg



d0156718_10515959.jpg



d0156718_10521471.jpg


この玉羊頭の割符を観たときに、ハッと思った。

我々が書の作品に捺す印には、朱文と白文のものがある。
朱文と白文の起源は、もしかしてこのような割符から来ているのではないかと。
真偽のほどは別にしても、興味ある出会いであった。

また、「師」の文字のもつ意味合いも謎で、旅団、師団、軍団という軍の組織単位
を指しているとすれば、想像はさらに膨らむことになりそうだ。

識者のご教示をお願いしたい。
by kame0401 | 2010-11-07 01:46 | 私のガラクタ美術館 | Comments(0)

人生二毛作を目指して・・・
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31