朝鮮朝顔    カメラは視た(8)


朝鮮朝顔 ~ 夏の夕べの変幻 ~

<別名> まんだらげ(曼荼羅草)  熱帯アジア原産、江戸時代に薬用で栽培。
        葉を曼荼羅葉と呼んで、ぜんそくの薬とするが、猛毒で中毒すると
        苦しんで暴れまわると言う。 (牧野 新日本植物図鑑より抜粋)

d0156718_14475010.jpg

13寺19分   いよいよ咲き始めます。

d0156718_1441498.jpg

13時46分   色がますます綺麗な濃い黄色をになります。

d0156718_14413679.jpg

14時22分   これは蕾、明日の夕刻に咲くはずです。
          まだ苞に包まれている蕾の中に、少し大きくなった花びらが透けて見えますね。

d0156718_163649.jpg

17時28分   ナント、あの黄色い色が消えて白くなります。
          この頃になると、得もいわれぬ良い香りが漂います。

d0156718_1642199.jpg

18時14分   花びらが開き始めて、優雅な姿を見せます。

d0156718_1651518.jpg

19時42分   すっかり開いたもの、これも一夜限りの儚い命です。

d0156718_1663024.jpg

19時46分   なかを覗きこむと、おしべとめしべが優雅な香りに包まれて。


          わが家のベランダ花苑の妖花です。
          これからも、蕾が次々と大きくなり愉しませてくれるでしょう。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by kame0401 | 2010-07-27 01:00 | カメラの眼で | Comments(0)

人生二毛作を目指して・・・
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31