ケサランパサラン

ケサランパサラン



          ケサランパサランを見た事ありますか、空中をふわふわ風に乗って流れていくその姿は
         なんとも不思議でどこから来たのか何処へ行くのか謎めいている。 その美しさに見惚れて
         空中を飛んでいる姿を撮影するのは難しい。
          造化の天工に人間が敵う訳もないのは当然だが、それを美しいと感じる感性を人間に
         与えてくれた造化の神に感謝の外ない。 
          蓮池は天国に近いためか、蓮の葉柄にくっ付いた ケサランパサランを見つけました、
         ご覧あれ・・


        (注)ケサランパサランの名前の由来については、スペイン語の「ケセラセラ」が語源
        だという説、「袈裟羅・婆裟羅」洋平(けさら・ばさら)という梵語が語源だという説、
        羽毛のようにパサパサしているからという説[2]、「何がなんだかさっぱりわからん」
        を意味する東北地方の言葉との説[3]、などがあるとの事だが私にはケサランワカラン。

d0156718_17422584.jpg

by kame0401 | 2017-07-19 17:43 | Comments(0)

カワセミ時々晴れ



カワセミ時々晴れ



梅雨空の御機嫌を伺いながらカワセミさんの御機嫌も伺わねばと植物園に
今日のカワセミさんの御機嫌は曇り時々晴れ 

早くも桂の木は紅葉なのでしょうか

d0156718_11592123.jpg


幼鳥ながら早くもエビの踊り喰いの味を覚えました

d0156718_20120678.jpg
      

by kame0401 | 2017-07-14 20:17 | Comments(0)

今年の梅雨はどないやねん

今年の梅雨はどないやねん


ガクアジサイ と ハンゲショウ

d0156718_20315503.jpg
d0156718_20322339.jpg

by kame0401 | 2017-07-12 08:53 | Comments(0)

一寸の虫にも五分の魂

一寸の虫にも五分の魂



何気なく撮影した蓮の花弁に小さな命が、撮られていることをこの虫も知らないだろうが・・
オーストラリア、マッコーリー大学のコリン・クライン氏らが、昆虫にも私たちと
同じように意識を持っている可能性があるとの研究を発表しているとか
自意識過剰の誰かを嘲笑うかのように・・・

d0156718_20384998.jpg



by kame0401 | 2017-07-10 20:39 | Comments(0)

蓮にトンボは出会い物


蓮にトンボは出会い物

  
 シオカラトンボは子供の時から親しい昆虫だが、ムギワラトンボと
オス・メスの関係だと知ったのはずっと後のことである。
    
d0156718_19003324.jpg
d0156718_19034165.jpg

by kame0401 | 2017-07-07 19:07 | Comments(0)

今年もこんな具合に・・・・?

今年もこんな具合に・・・・?

    
      万博公園とか観修寺の蓮池のカワセミさんに御機嫌伺いと行きますか・・・
今年もこんな具合にいくと良いのですが、腕前はさておき・・・
それには梅雨空の御機嫌も伺わないと・・・・

エッ!絵なら何時でも描けるってですか、
ソンナ!感動が要るんですよホント

下手は下手なりに・・・・

d0156718_18142146.jpg

by kame0401 | 2017-07-04 18:16 | Comments(0)

頂戴物控え

頂戴物控え

どういう訳か頂戴物が届く、有難いが恐縮至極で早速お礼の電話やら御礼状と謂うことになる。
それが何時の頃からか礼状は私の役割で絵手紙を描くことになってしまった。知恵の泉も枯れて
きて苦労することしばしばだが、絵手紙礼状の利点は形式に囚われない言うなれば絵で誤魔化し
のきく便利な礼状である。今晩早速頂いた夕食時の明太子の美味しかったこと・・・・・・・・・・・・・・
d0156718_19065037.jpg

by kame0401 | 2017-07-01 19:12 | Comments(0)