あっという間の一年でした

                        あっという間の一年でした 

       わがガラクタ美術館の蔵品で唐三彩の俑と杯である。これらは墳墓の副葬品として大量に作られた
       もので、粗雑さのなかに見せるその風情が私は好きで飾って楽しんでいる。
       この一年ホントにあっという間に過ぎ去りました・・・・・・・    どうか良いお年をお迎えください
d0156718_18171229.jpg

d0156718_194245.jpg

by kame0401 | 2016-12-30 18:35 | 私のガラクタ美術館 | Comments(0)

撮り納め・カワセミさん

撮り納め・カワセミさん 

有難う・カワセミさん!


   

寒い時期は魚が深くに居るためかホバリングが良く見られるが撮るのは中々難しい・・・

d0156718_15585506.jpg
d0156718_15593804.jpg
d0156718_16002726.jpg


   
水中から飛び上がる瞬発力は何度見ても凄いとしか言いようがない・・・・

d0156718_16014353.jpg
d0156718_16023139.jpg
d0156718_16031664.jpg



大きなお魚ゲットしたけれど飲み込むのに一苦労 ・ 一度は落としてしまって・・・・

d0156718_16041214.jpg
d0156718_20143558.jpg

by kame0401 | 2016-12-25 16:12 | Comments(0)

冷たかろうな カワセミさん

   
冷たかろうな カワセミさん 
  
羽毛服をきているとは言え、水の中は冷たいだろうな・揚がれば寒いだろうなと思いますね・・・
d0156718_20395543.jpg
d0156718_20444733.jpg

by kame0401 | 2016-12-18 20:42 | Comments(0)

カワセミさんお久し振りです


カワセミさんお久し振りです 

    

風邪をこじらせカワセミ仲間のブログにヤキモキしていたが、
辛抱しきれず思い切ってカメラを担いで撮影に出かけてみた。
カワセミさんはそんな私を暖かく出迎えてくれた。

d0156718_19023203.jpg

d0156718_19033764.jpg
d0156718_19040653.jpg
d0156718_19062424.jpg
d0156718_19014089.jpg

by kame0401 | 2016-12-17 19:06 | カワセミ | Comments(0)

ウイクリー・キングフィッシャー


ウイクリー・キングフィッシャー   
  
風邪を引いた後が治りきらずに困っています。カワセミが撒き散らすカワセミ病の
ウイルスにはワクチンも無いようで、仲間のブログを見るたびにムズムズする
ばかりで治療にはカメラを持って寒風の中撮影に出かけるしかないのでしょうか・・・・
昔の写真を出してブログの穴埋めをしてみたが面白くも何とも無い・週刊カワセミ誌ではね~嗚呼!・・・
d0156718_21432024.jpg
d0156718_21425496.jpg
d0156718_21412651.jpg
d0156718_21405405.jpg
d0156718_21401310.jpg
d0156718_21374772.jpg
d0156718_21315495.jpg

by kame0401 | 2016-12-15 21:07 | カワセミ | Comments(0)

12月8日を反戦平和の祈念日に

12月8日を反戦平和の祈念日に

12月8日を反戦平和の日として子々孫々にあの愚かな戦争を
語り継ぐのが、当時を生きた私たち世代の役割だと思う。
私が生まれた昭和7年はすでに日中戦争に突入していたし
15年に及ぶ戦争の時代が終わったのは中学2年生だった。
上からの命令に無批判に従うだけの大人は敗戦後は民主主義を
お題目のように唱え始めた、その姿に不信感を覚えた私だった。
が、今日の日本に責任の一端を担っている自分が次の世代のために
果たさねばならないことを実行しているだろうか、反省の日々である。


d0156718_10163687.jpg


この手の新聞を私も持っていたが現在は行方不明、だがwebで検索すれば
たちどころに見られるという時代。 これを生かすのも現代の知恵と言えよう。


by kame0401 | 2016-12-08 09:44 | Comments(0)

忘れえぬ山・忘れえぬ友(1)

      

忘れえぬ山・忘れえぬ友(1)    
           

                     

「大峰山とH君」  

  

          忘れえぬ友といえば、この写真の左にいるH君だろう。 彼とは一緒によく山に登ったが、
          彼自身は単独行が好きだった。 大峰山へ吉野から奥駆け道を夜を徹して歩いたことが
          何回かあったが、これはその時のものだと思う。進駐軍放出の寝袋を手に入れたばかりで
          嬉しくて自慢の写真を撮ったのだと思う。当時朝鮮戦争のお陰で?放出の寝袋やスキーを
          安く手に入れて重宝したものである。寝袋は米軍兵士の死体を入れて運んだものだとか噂
          が流れていたが、毛布一枚で震えていた我々は悪夢にうなされる事も承知で手に入れた。
           山仲間随一のタフガイだった彼は交通事故の輸血が災いしてC型肝炎であっけなくこの
          世を去った。私が山行の漢詩集を出版した時一番うらやましがってくれたのも彼だった。
          忘れえぬ山大峰と若かりし頃、奥駆け道を二人で飛ぶように駆け抜けた、そんな思い出を
          話したくても君はもういない・・・・・・
d0156718_12543702.jpg

by kame0401 | 2016-12-04 12:52 | kameの独り言 | Comments(0)

私のガラクタ美術館付録

     
私のガラクタ美術館付録
        
芹沢銈介の型染めの作品がまだ他にあったはずだと探したらガラクタの中から出てきた。
流石ガラクタ美術館である。いくらで買い求めたのか記憶は無いが安くはなかった筈だ。
d0156718_22151238.jpg
d0156718_22155369.jpg
d0156718_22153717.jpg

by kame0401 | 2016-12-03 22:17 | 私のガラクタ美術館 | Comments(0)