天国に近いのかその蓮池は



        天国に近いのかその蓮池は / いや蓮の糸は地獄へも
   

        蓮の花にはカワセミが似合うんだけどな~・・・
d0156718_19592759.jpg

        蓮の花にキリギリスが似合う ・ キリギリスはアリと違ってひと夏の命を輝かしているのだ

d0156718_20012828.jpg

d0156718_15365990.jpg
d0156718_19002619.jpg
d0156718_19595898.jpg

        蓮の花にチョウトンボが似合う ・ 尻尾の先をピンと立てて・・・・

d0156718_20010757.jpg


by kame0401 | 2016-06-27 19:55 | Comments(1)

希望の星・カワセミ



                 希望の星 ・ カワセミ


               若い頃の私は美しい蝶に憧れと希望を指向した。
               いままた私に自然への指向を呼び覚まし希望の灯を点し続けているのは
               かの美しいカワセミである。  老骨を奮い立たせる何かがそこにある。
d0156718_15242440.jpg

d0156718_21313476.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

by kame0401 | 2016-06-24 08:44 | Comments(1)

沖縄を返せ・沖縄に返せ!



       沖縄を返せ・沖縄に返せ!

     沖縄にはアメリカの統治下で通貨がドルだった頃から、何度も訪れていた。当時平和運動のスローガンは
     「沖縄を返せ」「ベトナム反戦」だった。「沖縄を返せ・沖縄に返せ!」このスローガンはいま我々一人ひとり
     に問われているのだということを自覚している人は少ないのではないか、私も含めて・・・・・・
     6月23日は沖縄の敗戦記念日である。先の戦争の地上戦で悲惨な犠牲を強いられた同胞を忘れてはならない。
     そしていまも米軍基地問題の犠牲を強いられている同胞を。
     初めて「姫ゆりの塔」や「健児の塔」の前に立ったとき、敗戦当時中学2年生だった私は、若し沖縄に生まれて
     いたら戦争に駆り出されきっと死んでいただろうことを思い反戦平和の決意を新たにしたことを今も忘れない。
d0156718_22375395.jpg

     沖縄の珊瑚礁のコバルトブルーの海とその先に白波の立つ珊瑚礁、何処までも続く白いサンゴの浜辺を          再び血で染めることが無いように





by kame0401 | 2016-06-23 21:34 | kameの独り言 | Comments(0)

我が家の平家



            我が家の平家揚羽蝶

         我が家のベランダの鉢植えの小さな山椒には毎年揚羽蝶が卵を産みつける。卵から孵化した         
         小さな黒い幼虫は脱皮ごとに色も変わり無事蛹になった。先日その蛹から揚羽蝶が無事に         
         羽化した。その綺麗なこと、鱗粉の一枚一枚の色彩の見事なこと、輝くような天工の美に         
         溜息をつくだけである。
d0156718_16155353.jpg

d0156718_20413066.jpg

d0156718_16162833.jpg

d0156718_16165168.jpg
  

by kame0401 | 2016-06-20 16:31 | Comments(0)

頂戴物控




       頂戴物控  

       私の誕生日4月1日の頃に咲いたであろう桜の花が陽光をいっぱいに受けて、父の日のいま珊瑚のような       
       輝きを見せてその実りが我が家に届けられた。
d0156718_21263982.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

by kame0401 | 2016-06-19 20:31 | 絵手紙春秋 | Comments(0)

移り気な梅雨空に




       移り気な梅雨空に

       カワセミの池の端には紫陽花が似合う・・・・・花言葉が似合う

d0156718_13163472.jpg


d0156718_20460847.jpg
d0156718_14575416.jpg




//////////////////////////////////////////////////////////

by kame0401 | 2016-06-16 13:20 | Comments(0)

子育てはどちらが主役?


       


        子育てはどちらが主役   どっちが先に食べさせる?



巣立ちの終わった雛は親と一緒に池に現れ、親から暫く餌の魚を貰って育つようだ。下の写真のカワセミは左がメス、右がオスでどちらも魚を咥えて雛に給餌する構えである。
d0156718_21220988.jpg

お父さんからどうぞと言われたかどうか・・・・下の写真では右の雛に餌を咥えて渡そうとしているのは雄である。
d0156718_21224193.jpg
写真の右側が雛で、薄黒く嘴も短かく脚もまだ紅くない


by kame0401 | 2016-06-14 21:43 | Comments(0)

石塔寺の石塔・私見偏見

                  石塔寺の石塔・私見偏見

先に紹介した湖東の石塔寺の石塔は阿育王(アショカ王)塔と呼ばれ、仏教を顕彰したインドのアショカ王の名を冠している。 仏陀誕生の地ネパールのルンビニを訪ねたときもアショカ王が建立したと言う仏陀顕彰の石塔が荒地に独りそそり立ち、夕闇に熱帯蛍の乱舞が印象的だったのを思い出す。 
d0156718_15510397.jpg

       写真のレンガはルンビニ出土のもので、ネパールの友人と寺院を訪れ泊めて頂いたた際になけなしの
      喜捨をしたら記念にと頂いたもので我がガラクタ美術館の秘宝である。
d0156718_20501247.jpg
       この印章は高さが7~8センチほどのネパールのもので旅行中に道端の露店で買い求めたもの、
       近頃になって石塔寺の石塔に似ていることに気が付いた。 ラピズラズリやサンゴをあしらった
       この印章は仏塔を模したもので、石塔寺のそれに似ているのは当然で僧侶が携帯したものだろう。
d0156718_20503744.jpg
d0156718_22011297.jpg
 
     下の絵と漢詩は30余年前にルンビ二を訪ねたときのもので、こうして石塔寺を前に当時のことが
鮮やかに脳裏に甦ったことである。
d0156718_10173790.jpg

               <漢詩集「天山遊艸」より>

          看阿育王石柱 / 阿育(アショカ)王の石柱を看る


         天竺 仏陀 遺跡中        天竺仏陀遺跡の中

         残碑 千古 在荒叢        残碑千古荒叢に在り

         只今 只見 流蛍影        只今只見る流蛍の影  

          黙座 偏思 竹帛功        黙座偏えに思う竹帛の功 



         インド天竺  片田舎  紅きレンガの  寺院跡

         夏草繁る  その中に  残れる柱   その昔

         釈迦の教えを  讃えんと  アショカの王の  建てしとか

         碑文仰ぎて  佇めば  やがてに闇は  迫り来て

         ただに見ゆるは  蛍影  心の闇に  さす光 


















































\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


by kame0401 | 2016-06-08 15:54 | 旅のつれづれに | Comments(0)

美味いもんだ



         美味いもんだ・上手いもんだ

         この瞬間を狙っているのは カワセミ か カメラ か  どちらもうまいもんだ!
        水面に小魚を投げるとこの通り・・・これをヤラセという(笑)
d0156718_21001614.jpg
d0156718_20594897.jpg

by kame0401 | 2016-06-07 21:02 | カワセミ | Comments(0)

ヴィーナスの誕生




         ヴィーナスの誕生

        カワセミが水中に飛び込む時、粘性の水が見せる水飛沫はヴィーナスの誕生?
d0156718_19563312.jpg
d0156718_18231160.jpg
        カワセミが水から飛び上がる時も美しい水衣を纏っている
d0156718_18304168.jpg

by kame0401 | 2016-06-04 18:22 | カワセミ | Comments(0)