雀の学校



    雀の学校 自由の広場


「君が代不起立」で受けた戒告処分・再任用取消の撤回を闘うN君の大阪府人事委員会第2回口頭審理が1月23日に開かれ傍聴に出かけた。会場は大阪南港に建てられた悪名高き「コスモタワー」にある府庁咲州庁舎の29階である。
この南港はその昔大阪湾の埋立地として干潟や草地が広がる渡り鳥の楽園だったところである。シギやチドリの仲間が数多く飛来してくるので双眼鏡と小林桂助著の鳥類図鑑片手に野鳥観察仲間のH君と足繁く訪ねたところである。1950~56に小林桂助氏による230回に及ぶ鳥類調査がなされ報告書が出ている。私も幾度か現地で氏と出会ったことがあった。今も一部が野鳥公園として残されているが55階のコスモタワービルを始め大きなビルがそそり立ち昔の面影は見るべくもない。
d0156718_18095948.jpg
d0156718_18091486.jpg
コスモタワーで見かけた雀の学校の授業風景である。空気が綺麗なのか我が家の近くで見かける雀より毛並みが綺麗で首の白い帯の部分が目立ち可愛い生徒たちも楽しげに遊んでいるように見えた。
雀の学校に比べていま人間界の学校はそれは惨憺たるものである。日の丸・君が代強制に象徴される教育現場の荒廃は眼を覆うばかりである。戦前の教育に対してまともな反省総括がなされぬままに再出発した戦後の民主教育はいまや虫の息の状態である。不当な職務命令に対し「抗命権」が保障されていない日本はまた同じ誤りを繰り返すのではないだろうか。憲法に保障された思想信条の自由は絵に描いた餅で、教育現場では憲法違反の条例や規則それをもとに発せられる不当な職務命令が乱発されて、抵抗する良心的命令拒否者は否応なく処分で押さえつけられるのが現状である。人事委員会に不服申し立てをする傍ら裁判所にも提訴して争うことになるのである。学校は権力からの干渉や圧力から完全に独立していなければならないし、教育の自由が保障されない社会は不幸である。70年前の敗戦からの再出発に当たって過ちの分析と反省をしてこなかったつけを払わされているのだろう。多大な犠牲を払っていながらと悔やまれる今日この頃である。ナチス時代の反省から「抗命権」や「抗命義務」を確立したドイツを羨むのは恥を知る人間としては出来ないことながら、自由の広場に遊び学んでいる雀の学校を眺めつつ、負けられない闘いの明日を思い、自分に出来ることはなにかを考える冬の一日だった。

by kame0401 | 2015-01-25 17:57 | カメラの眼で | Comments(1)

コースター画・「何でも描く何にでも描く」




        コースター画  「何でも描く何にでも描く」

旅に出るとき私は慰みに絵を描く、しかし食事の時とかロビーで寛ぐときなどは絵を描く用意がないことが多い。そんな時に限って絵心が動くのである。そこで私は食卓のヘギとかコースターなど手当たり次第何にでも落書きをすることになるのである。
d0156718_17165177.jpg
ロビーから見た白浜の景色である。このときの彩色はコーヒーを指で。
d0156718_17172329.jpg
ロビーでの演奏はピアニストのドゥエイン・ライリー氏、そんな時コースターに彼のサインを貰うことを忘れないのが私流である。

by kame0401 | 2015-01-19 17:08 | 旅のつれづれに | Comments(0)

昔を今に為す由もがな


        昔を今に為す由もがな 一枚の写真 

「時は戻らない」そんなことは判りきっていても昔は懐かしい。この写真は1967年の3月新婚旅行の時の一枚である。島島宿で一泊した私たちはそこからタクシーで釜トンネルの入り口まで行き、ここからは昔の釜トンネルのまっ暗で凍りついた坂道をヘッドライト頼りに歩く。トンネルを抜けると出口は雪のデブリで半分塞がり、冬の上高地は白い雪に閉ざされた別天地だった。ホテルや旅館はまだ閉まっていて泊れるのは上高地帝国ホテルの番小屋だけである。新婚旅行だから帝国ホテルに泊まっていると親は思い込んでいたらしいが・・・・011.gif
人のやらない新婚旅行を目指した二人、昨年の燕岳ではへろへろだったけれど兎にも角にも今日まで山登りを続けてこられたのは本当に幸運という外なく山の神に感謝せねばなるまい。そうだそれと我が家の山ノ神にも感謝感謝029.gif
d0156718_2083554.jpg
上高地帝国ホテルの冬の番小屋の名物親父・木村の親父さんと家内。このとき小屋の裏に親父さんが仕留めたテンの毛皮が板に貼り付けられていた。記念にと譲り受けて持ち帰り襟巻きに仕立ててもらったことも昨日のことのように思い出す。

d0156718_19322109.jpg
誂えた新品の登山靴を履き雪の上高地帝国ホテルを前に万歳、紅いザックの中身は?
島島宿の千代の家旅館一泊1,800円、帝国ホテル番小屋一泊600円也、1967年とはいえ格安の新婚旅行である。

by kame0401 | 2015-01-13 19:51 | kameの独り言 | Comments(3)

ガラクタ小宇宙

         ガラクタ小宇宙   遊び心を擽る小物たち
d0156718_16450780.jpg

道端では踏みつけられそうな小さな植物達もここではそれぞれ自己主張している。吊灯明台に乗せるとまた独特の雰囲気が出る。まさにガラクタ小宇宙で不思議な演出効果がある。今年の正月の床はこの我流盆栽風で飾るとしよう。
d0156718_16454911.jpg
d0156718_20394122.jpg
植木鉢の器は初期伊万里のそば猪口で、井桁の染付け模様が手書きではなく印判で押されており、俗に「こんにゃく版」などと呼ばれて珍重される。この手の初期伊万里は皿などでも何故か底が厚く1センチ位はあり、その手持ち加減の重厚さがまた味になっているから不思議である。
初期伊万里は秀吉により朝鮮から連れてこられた陶工たちにより17世紀前半に作られた磁器でどこか朝鮮の焼き物の味が感じられるのはそのためかも知れない。下の二つも同じそば猪口だが前の阪神大震災の際に台所の棚から落ちて壊れたのを自分で修復したもの。これも印判手でかぶらの絵が捺されている。

by kame0401 | 2015-01-07 16:38 | 私のガラクタ美術館 | Comments(0)

飛翔2015

       飛翔2015     飛び立たん羊々たるこの大空にいざ
d0156718_15035169.jpg
「アオサギ」 大型の鳥でお洒落な装いは見事である 
d0156718_15334263.jpg
「ウミウ」  水に潜り大きな魚を咥えている。鵜の目・鷹の目というのは鵜と鷹が特別に眼がよくて遠くから獲物を見つけることが出来るからだという。
d0156718_15392568.jpg
「キビタキ」  蒲の茂みから飛び立つ瞬間、羽の色合いが美しい すかさずシャッター

by kame0401 | 2015-01-04 15:25 | カメラの眼で | Comments(0)

頌春 今年もよろしく

             頌春  今年もよろしく

d0156718_12441928.jpg

d0156718_2055023.jpg
                燕岳のご来迎(ブロッケン現象) 
   



        険路登攀して 快哉を叫ぶ

        眼前の燕岳 暮煙皚く

        光輪彷彿として 来迎の影

        満山の霊気を 吸尽して開く


毎年年賀状は前年に登った山の絵と漢詩で構成することにしている。

前年登った唯一の山「燕岳」の絵で賀状を飾ることが出来た。

漢詩も頭を漢詩モードにするのに苦労はしたが何とか捻り出した。 

またこの一年、好ければ私の駄文ブログにお付き合いの程を。 011.gif


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
      

by kame0401 | 2015-01-01 11:27 | kameの独り言 | Comments(1)