河内湖にびっくり

      河内湖にびっくり  

   
                
能面展終わりました・・疲れました

d0156718_144649.jpg

          外人もびっくり、日本人もびっくりの河内湖  時空を超えた眼で謡跡を探る企画は大成功。
          来場者400人の盛況で、通りがかりの若い人が意外と能に興味を示してくれたのは嬉しい収穫だった。
d0156718_15121163.jpg

d0156718_15131349.jpg

          来客席の後ろには能面袋を市松模様に並べてみました。伝来の能面を納める袋は古来から
          特別な扱いを受け、貴重な能装束の古くなったものや金襴緞子の帯布が使われ、ボロボロに
          なっても能面と共に大切に伝世されてきたものが多い。
d0156718_17564012.jpg

          私の能面袋コレクションには母が愛用していた擦り切れた帯や、その右隣は以前「平家物語」
          をテーマにしたときにネットで手に入れたもので、平家の「揚羽紋様」の古布は、文化三丙寅年
          三月吉日と墨書された木製の御幡筐に入り、包まれた和紙には下掲のように書かれていた。
          平家ゆかりの寺院で使われていたものではないかと推察されるもので我が家の逸品である。
d0156718_17493385.jpg

by kame0401 | 2014-10-28 14:36 | 能面雑話 | Comments(2)

能面展を創る

        能面展を創る  ー大阪は湖だったー    

         能面を作るのものも大変だが、能面展を創るのはもっと大変だ。テーマを考え、そのテーマに
         沿って展示をするのは至難の業である。
         今回の「浪速ゆかりの能を探る」では、「大阪は湖だった」というキャッチフレーズを掲げ、時空を
         超えた眼で謡跡を捉えることを試みた。それなりに斬新な能面展になったのではないだろうか

d0156718_12544289.jpg


d0156718_12564617.jpg


d0156718_12585926.jpg


d0156718_19563738.jpg


d0156718_134212.jpg

by kame0401 | 2014-10-23 12:50 | 能面雑話 | Comments(0)

鵺塚と大阪港紋章

           鵺塚と大阪港紋章


         大阪は都島の商店街のほとりに「鵺塚」がある。平家物語に出てくる源三位頼政の鵺退治は京都
         であるが、射殺された鵺は笹のうつぼ舟に乗せられて流され、淀川を下って当時淀川デルタの末
         端の一つだった都島のこの辺りに流れついたものだろう。祟りを恐れた当時の人は「鵺塚」を作り
         霊を慰めたと言う。
d0156718_2075661.jpg

         今年の能面展は「浪速ゆかりの能を探る」と言うことで、あちこちの謡跡を訪ね歩いた。 能曲「鵺」
         ゆかりの「鵺塚」は由緒ありげな楠の大木が茂り、訪れる人もなく静かな佇まいを保っていた。写真を
         撮っている時ふと「大阪港の紋章」というパネルがあるのに気が付いた。正面右の黄色いパネルが
         それだ。

d0156718_2085051.jpg


d0156718_20284016.jpg

d0156718_20271889.png

          1980年にフランスのル・アーブル港と姉妹港提携にあたり、この紋章が作成されたと言う。
          大阪港の紋章のシンボルサポーターに鵺が選ばれたのは、上記の鵺塚が当時の河内湾・河内湖
          のほとりにあり、大阪湾にゆかりのある動物だったからであり、これは面白く良い選択だったのでは
          ないだろうか。
          この紋章の作成には紋章学に詳しい森護氏(1923~2000)が参画しているとのことで、鵺は頭が
          猿、胴が狸、手足が虎、尾が蛇と言う妖怪であるが紋章では胴が獅子に変えられている。また紋章
          中央上部には以前の大阪市庁舎の「みおつくしの鐘」で知られる尖塔が描かれているのも懐かしい。

by kame0401 | 2014-10-21 20:02 | 能面雑話 | Comments(2)

能面展のお知らせ

      能面展のお知らせ




          「大阪は湖だった」 
     浪速ゆかりの謡跡の今昔  -上町台地と河内湖ー


d0156718_1918387.jpg

d0156718_2015812.jpg

         昔むかし大阪には河内湖と言う大きな湖があったことをご存知ですか

d0156718_20114163.jpg

by kame0401 | 2014-10-15 19:15 | 能面雑話 | Comments(0)

何年振りかなジョロウグモ(女郎蜘蛛)

         何年振りかなジョロウグモ(女郎蜘蛛)

d0156718_2202245.jpg

         林の中で斜光に輝く網を張る「ジョロウグモ」

d0156718_222331.jpg

         右上の小さい蜘蛛がオスで、同じ網の中にいるのは交尾の時期なのか

d0156718_2225784.jpg

         上臈蜘蛛とも呼ばれるのは、この美しい体の模様からかもしれない

d0156718_21595691.jpg

         子供のころ庭で、夕陽の逆光のなか蜘蛛が巣を張るのを飽きもせず眺めていたのを思い出していた。  



・…・…・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     

by kame0401 | 2014-10-14 20:14 | カメラの眼で | Comments(0)

月蝕アラカルト

          月蝕アラカルト

          10月8日は皆既月蝕と言うからカメラを向けてみたが、日食と違い進行が極めて遅いのに呆れた。
d0156718_2084688.jpg

             欠け始めても中々進行しない

d0156718_19323779.jpg

             皆既月蝕が一時間もあり、こう長くては感激も薄れると言うもの

d0156718_2094510.jpg

             地球の影の中を月が通過するのだと言われても実感はない

d0156718_2010736.jpg

             私のカメラではこれが限界と言うこと、ウサギは捉えられなかった・・・・・・・・



////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

by kame0401 | 2014-10-11 20:06 | カメラの眼で | Comments(0)

心あたりの秋

        心あたりの秋


d0156718_18112514.jpg

        山馬蝗・ヌスビトハギは厄介者・私のシンボルマーク

d0156718_18115415.jpg

        秋桜は山口百恵の見事な引き際を思い出す

        
d0156718_18121867.jpg

        うたげの痕が無惨すぎると思うのは感傷?

by kame0401 | 2014-10-08 18:08 | kameの独り言 | Comments(0)

鳩ぽっぽ

           鳩ぽっぽ    豆が欲しいか・・・・・

d0156718_17311112.jpg

        ドバトとかカワラバトと呼ばれている街中の鳩である。ヤマバトとかキジバトと呼ばれる山手に住む鳩も
        いる。 2年前には、マンションのエノキの紅い実を啄みに来る様子を盗撮してブログに載せたが、
        近くでじっくり見るとなかなか美しい鳥である。羽を膨らませ首辺りの虹色が美しい姿を紹介したくて
        一枚撮らせて貰いました。  許可は得たか?って聞かれると困るのですが・・・・・・・・

by kame0401 | 2014-10-02 17:28 | カメラの眼で | Comments(0)