タンザニアの民芸

        タンザニアの民芸

        1986年アフリカの最高峰キリマンジャロに登ったとき、岐路ナイロビで見つけたもので、椰子の葉か
        何かで作られた素朴な民芸品で一目で気に入り購めたものである。
d0156718_13375834.jpg


        ホテルで慰みに描いた殴り描きだが雰囲気は出ていると思う。      
d0156718_21215997.jpg

        我が家ではそれ以来思い出と共に食卓で爪楊枝を載せて威張り蛙ってござる。
        家内が今でものたまうのは「だからあの時、もっと沢山買おうと言ったのに」・・・蛙がえるも残念

by kame0401 | 2014-04-25 21:18 | 旅のつれづれに | Comments(0)

春の使者・ギフチョウ

        春の使者・ギフチョウ

       中国からの「春の使者・黄砂」は近頃毒混じりだとかで困りものだが、その影響かこの日は高雲りで、
       「春の使者・ギフチョウ」の活動も鈍く、見掛けたのはこの1頭だけと言う京都は小塩山の一コマ。

d0156718_21295042.jpg

       春の使者で春の女神でもある「ギフチョウ」

d0156718_21302595.jpg

       道端の枯れ草の中にそっと咲く可愛いシハイスミレ

d0156718_21305245.jpg

       三人娘のカタクリの花

d0156718_21311235.jpg

       こちらは背比べをしている三人娘

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

by kame0401 | 2014-04-17 21:17 | カメラの眼で | Comments(0)

蕩けるようなボケの味

        蕩けるようなボケの味   唐三彩の盃



        唐代の墳墓から出土する「唐三彩」は、その柔らかな色彩ゆえか日本人の好きな陶器である。釉薬
        の緑色は銅、赤褐色は鉄、クリーム色はアンチモンだというが、その巧まない混ざり具合が絶妙の
        味わいを醸し出すのである。

d0156718_21274080.jpg

        カメラで写す時もピントを浅くして蕩けるようなボケの味を愉しむことで、唐三彩の味が一層増すと
        いうものだ。

d0156718_2133568.jpg

        ボケている後ろ側とは対照的に、前面は柔らかい釉薬のひび割れがその美しさを際立たせている。
        カメラは肉眼では気付かなかった微細な形や色彩の美しさを教えてくれることがよくあり、カメラの
        目は、今や私の第三の眼である。

by kame0401 | 2014-04-09 21:25 | 私のガラクタ美術館 | Comments(2)

関寺小町

         関寺小町    梅若玄祥師 大槻能楽堂


         能では、「老い」と「女」は最も大きなテーマだとされ、従ってその二つを兼ねた老女物と言われる
         能は難しく、その中でも「姨捨」「檜垣」「関寺小町」は究極の老女物と言われている。
         嬌名一世を風靡した才色兼備の小野小町が、衰えて百歳の老婆となり零落しているが、客人の
         所望で昔を偲ぶ舞を舞う。

d0156718_1029598.jpg

d0156718_1122835.jpg

d0156718_1030926.jpg

         その老いかがんだ姿の中に、全盛期にも勝る美しさを見せようというもので、徒然草に「花は盛りに、
         月は隈なきをのみ見るものかは」として、「しぼめる花の色無うて匂い残れる風情」を讃えている。
         序の舞も「静かな中の舞」といわれ、柱に凭れる休息や老女足もありながら、悟りの境地を静かに
         舞い続けるのは見事である。

d0156718_1184042.jpg

d0156718_10305012.jpg

         一代の名手が、一生に一度だけの関寺小町、それまでの芸の全てを忘れ、赤子の心に戻って
         全く無心に演ずるやり方。これを「却來花」というと世阿弥の遺した伝書の中にあるという。

d0156718_11221013.jpg

d0156718_10323287.jpg

   
         能の舞台で老人を演じるとき、腰を曲げよぼよぼと歩いては駄目だと言われる。それでは「老い」
         を演じていることにはならないというのだ。老人と言うものは人から「老いたとは見られたくない」
         から精一杯若く見せようとするものなのだと。だから、いかにも年寄りらしく腰を曲げよぼよぼと歩く
         のではなく、腰を伸ばそうとしてはいるが、どう見ても歳は争えない様を演じてこそ「老い」を演じた
         ことになるのだと言う。人間の心の深層を捉えて巧みなものである。
         「老い」とは何かという問題は体だけでなく、「心の老い」の問題でもあり老いを受け入れる事の難し
         さを、この歳になって私も否応なしに感じさせられていることである。        

         今日四月一日は私の誕生日、満八十二歳の私はもはや棺桶に片足を突っ込んだようなものである。
         あの世で絶世の美女百歳の小町に逢ってみたいと思う反面、傍からはどうみても老いさらばえた
         半ボケ老人だと笑われようと、本人はまだ若い?つもりで、もう少しこの世の成り行きをしかと見
         届けたいと思う今日この頃である。

by kame0401 | 2014-04-01 10:34 | 舞台寸描 | Comments(0)