カイラスの旅(3)

   カイラスの旅(3)


d0156718_18255589.jpg



    聖山霊場「ドルマ峠」 

   躋来 千仭 巨嵒傍         千仭 躋り来れば  巨嵒の傍

  
   五色 経幡 翻四方         五色の 経幡 四方に翻る 

   聞説 西人 祈願処         聞くならく 西人 祈願の処

   渾身 投地 繞霊場         渾身 地に投じて 霊場を繞る
      



       千仭萬丈 登り来て 辿りつきたる 霊場は

       大いなる巌 おわしまし 祈りの経を 印したる 

       幾万片の 五色幡 峠の風に 翻り 仏光荘厳 双ぶ無し

       聞けばこの 霊気漲る ドルマ・ラは 聖山一の 霊場で

       見れば祈りの 幡の下 五体を投げて 地に臥して

       巡れる人の 影あまた 
            

6656メートルの霊峰は、未登峰で登頂は許可されない聖山である。
カイラスを一周する巡礼路は途中のドルマ・ラという5630メートルの峠を越える。
チベット仏教、ボン教、ヒンドゥ教、ジャイナ教の聖地とされチべットだけでなく、インドや世界各地から
巡礼者が絶えない。
仏教徒は右回りに、ボン教徒は左回りに巡礼すると言うので、私達は右前周りにドルマ・ラを目指した。
途中に雪や氷の張った険しい岩路を、多くの巡礼者は五体投地を繰り返して進む。尺取り虫のように
一回の五体投地で自分の身丈の分だけ進むのだから、大変である。さらに驚くのは、自分の荷物は
先ず今日の目標地点まで歩いて、そこに置き、それから元の場所に戻って五体投を始めるのである。
 そこには誤魔化しや要領の入り込む隙の全くない別世界がある。
 ガンジス川畔で荼毘に附されガンジスに還ることを願って、河畔の安宿で死を待つ老人を見た時とは
また別の驚きを感じたものである。日本人の宗教観では到底理解できないことが、眼前に繰り広げられ
ていた。
d0156718_11573855.jpg

                     標高5600米のドルマ・ラ(峠)は聖山カイラスの中でも随一の霊場である。

d0156718_120798.jpg

チベットは天に近い為か、空気が澄んでいるためか、その空の色は深い濃紺色で、それは深夜の空の色
「ミッドナイト・ブルー」に近い感じがする。

by kame0401 | 2012-06-27 18:51 | 漢詩紀行 | Comments(0)

カイラスの旅(2)

  カイラスの旅(2)  夢のカイラス・「ヒマラヤの旅」との出会い 


この本を大阪の古本屋で見つけたのは、何時頃だったか思い出せないが、この本との出会い・特にカイラスの旅の記述とカイラスの白黒写真が、私の夢を大きく膨らませたのは確かである。
d0156718_1572559.jpg

d0156718_20443952.jpg

 1932年に出版されたこの本、1932年と言えば私の生れた年である。何か因縁めいたものを感じた私は、 迷わず当時15000円を投じて買い購めた。初版本で定価12円の豪華本である。
 著者の長谷川傳次郎(1894~1976)は東京伝馬町の老舗箪笥店に生れたが、関東大震災で焼出されて 北海道へ。1925年に古美術研究のためインドへ渡り、詩人タゴールのビスワバラライ大学に入学、同じ大学 出身のコサジ―と共に、ヒマラヤ旅行に出て、カイラス,カシミール,ナンガパルバットを巡った。
d0156718_1514177.jpg

 この本は、ヒマラヤの写真を日本人で初めて紹介した点でも画期的であり、当時、若者のヒマラヤ熱を大いに煽ることになったと謂われている。
 後年は写真家として、国から依頼されて国宝仏像の写真を手掛けた。昭和51年没、享年81歳。
 私にとって、長谷川傳次郎は田淵行男、深田久弥などと共に、山への憧れを、そして後年ヒマラヤへの夢を 大きく膨らませてくれた恩人である。

by kame0401 | 2012-06-19 15:04 | 絵手紙春秋 | Comments(0)

西蔵カイラス行(1)

    
     西蔵カイラス行(1)    漢詩紀行(9)
    
    今から16年前、チベット高原の西の果てに聳える、聖山[カイラス]・チベット名は「カン・リンボチェ」
    6656mを目指した時の旅の思い出である。

d0156718_15504424.jpg

    初めて仰ぐ聖なる「カン・リンボチェ」は、チベット高原にすっくと独り、そそり立っていた。
    夢中で何枚も何枚も筆を走らせた。氷の壁に縦に走る大きな亀裂は神の啓示かと・・・・・・・。



     永年の夢であったカイラス行は、1996年の5月22日に大阪を立ち、25日間の永い旅だった。
     ネパールのカトマンズからヒマラヤを縦断してチベットへ入り、26日から車で5000mの峠を
     幾つも越えて、北西へ北西へと走り続けて1週間余、ようやくカイラスが見えたのが6月2日のことである。
     ランドクルザー5台に、テント・ガソリンなどを積んだトラックが2台で、毎日150~200キロを走る。
     借り物の地図だが、カイラスへの行程の長いことは判って頂けるかと。

d0156718_10435681.jpg





      西蔵カイラス行  

   西蔵 曠原 途渺茫         西蔵 曠原 途渺茫たり

   
   馳車 旬日 遂頽陽         車を馳せて 旬日 頽陽を遂ひ 

   遥天 拝望 聖山頂        遥天 拝望 聖山の頂

   清浄 六根 羈思長         清浄 六根 羈思長し
  
    


       チベットの  西の果てしに  在ると聞く

  
     聖なる山を  訪ねんと  広大無辺の 荒野をば 

       路なき路を  ひた走り  橋なき河を  また渡り 

       沈む夕陽を  追い続く  日々を重ねて  ようやくに

       遥かに望む  聖山は  地平に白く  独り立つ  

       六根すべて  清らけく  思いをこめし  旅の空  

       夢まぼろしの  山そこに 

     

    
d0156718_163656100.jpg

         5月29日、ネーラムトン・ラより、ヒマラヤのシシャパンマ(希夏邦馬)峰8027mを望む。

       ヒマラヤ8000m峰14座の一つで、別名ゴサインタンの名でも知られる名峰。 1964年に中国隊に
       よって初登頂がなされた。 ネーラムトン・ラのラは峠のことで、峠の標高は5180m。
       これまでネパール側から見ていたヒマラヤ山脈の名峰を裏から見ることになる。 平均4000mの
       チベット高原から見るヒマラヤは思いなしか、少し穏やかに見えた。

       果てしないチベット高原は、砂漠・草原・岩山と表情を変えながら何処までも続く。そして草原の彼方には、
       放牧の白い羊の群れ、黒い大きなヤク(チベット牛)の群れが・・・・・・。

by kame0401 | 2012-06-11 15:47 | 漢詩紀行 | Comments(0)

般若曼荼羅

     般若曼荼羅   能面雑話(20)

此の般若面は、能に使う所謂「能面」として作られた物ではないように思はれる。
しかし、造形的に、般若の特徴が良く出ていて、それなりに迫力もあり、面白いものである。
d0156718_1245327.jpg

桐材で作られたもので、角も一体造形で彫り出され、直線的で鋭く天を突いている。角の片方の先端
は漆で補修した跡が見られる。また彩色に胡粉が使われた形跡は無く、全体に黒いのは、長年に渡る
囲炉裏の煤によるものか、あるいは漆が掛けらていたのかもしれない。また、目や歯には当初から、
金具は嵌められていなかったのではないかと思われる。

d0156718_12485834.jpg

正面から見ると、口の形は左右が非対称で、左側は中心から口角までが幅狭く、右側は横に開いて
口角までが幅広くなっている。
左の口角の動きに伴い、下あごは中心が左にずれて、歯並びも上あごの歯とは正対していない。
これは口の動きの変化を正確に捉えており、見事な造形と言う外ない。


d0156718_12461835.jpg

正面だけでなく、真横から見ると、左右の口の形の違いが、更に良く分かる。
向かって左側の口は、口角が尖り全体の形も鋭角で鋭く、怒りを顕わにしているような造形である。
向かって右側の口は、口角は尖らず、全体の形も丸く、少し穏やかな雰囲気が感じられる造形である。

これは般若の能面に共通した特徴で、意図的に左右の造形を変えていると言われている。
一般的に言われているのは、般若の面が橋懸りを左から右へ舞台に進む時は、怒りを顕わにした左側
の顔を見せて現れ、舞台でも怒りや威嚇を示す時は、左側の怖い顔をみせるが、やがてに折伏されて
少し穏やかな顔の右側を見せながら橋懸りを戻っていくのだと。

般若面の造形の妙は、ただただ感嘆するばかり、改めてこれを創作した先人に畏敬の念を覚えるの
である。

by kame0401 | 2012-06-03 12:46 | 能面雑話 | Comments(0)