白き神々の座 ヒマラヤ連峰 旅のつれづれに(8)

  白き神々の座    ヒマラヤ連峰  旅のつれづれに(8・山シリーズ)

  1981年の春は初めてのネパール、そして初めて目の当たりにするヒマラヤの
 白き神々の座は、長年の宿願叶って感激の連続だった。
d0156718_6541218.jpg

  ネパールの国内航空便は天候に左右されて、なかなか予定どうりにはいかない。
  結局車でポカラまで行き、そこからダンプースという処までトレッキングということに。
  そこは尾根の上で、テントサイトからヒマラヤ連峰を一望でき、夢中で筆を走らせた。
  絵は、アンナプルナ・サウス(7,219m)とヒウンチュり(6,441m)、縦に走る線は
  ヒマラヤ襞と呼ばれる氷壁でこれぞヒマラヤである。

d0156718_6542476.jpg

  アンナプルナⅣ峰(7,525m)とⅡ峰(7,937m)

d0156718_6543699.jpg

  マチャプチャレ峰(6,993m)


d0156718_213927.jpg
 
  木版画のマチャプチャレ  年賀状用に作ったもの 
  紙はネパールの紙で、日本のミツマタに似たロカタという沈丁花に似た
  花が咲く木の皮を用いて漉かれたもので味わいのあるもの。。
  字は、ネパールの友人に書いて貰ったもので、マチャプチャレとと読むそうな 

by kame0401 | 2011-06-28 06:48 | 旅のつれづれに | Comments(0)

梅雨空の下

  梅雨空の下

  ガクアジサイが梅雨を待ちかねたかのように咲きだした。
  四季のある日本に生れて良かったと思うひと時である。

d0156718_9392596.jpg


アジサイはこのガクアジサイの方が好きである。風情があるし絵になる。

d0156718_940578.jpg


  「造化の天工」の妙とは、このことだと思う。進化は神の存在の証明か・・・

d0156718_940241.jpg


ナント綺麗な色だろうと、何時もながら感心する。いのちの輝きなのだろう

d0156718_9405089.jpg


この花を観ると線香花火を思い出す。パチパチと飛び出す閃光を観るようだ。




///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
  

by kame0401 | 2011-06-22 14:36 | カメラの眼で | Comments(0)

ネパール寸描

  ネパール寸描    旅のつれづれに(7・街シリーズ)

 1981年初めてネパールを旅した時のスケッチで、これを観ると色んな事が
 思い出されて懐かしい。
 30年も前のことでだけれど、見るもの聴くもの全てがカルチャーショックで
 鮮裂な記憶となって今も残っている。
 ヒンズー教とチベット仏教の混在した中世そのままのような世界で、神牛が
 街中を歩き回り、その傍で人が物憂げに佇むのが観られる。
 同じ地球上とは思えないほど、そこでは時がゆっくりと流れているのを肌で
 感じることが出来た。

d0156718_1854999.jpg

  バクタプールは、バドガオンとも呼ばれ「信仰の町」を意味するという。
 9世紀ごろに築かれ、18世紀に現在の首都カトマンズに移るまでここが
 首都で立派な宮殿が残っている。

d0156718_186364.jpg


d0156718_1862415.jpg

  カトマンズでは旧王宮のあるダーバースクエアからインドラチョークを通り
 アッサントーレへと続く道がメインストリートであり、バザールもあり、何時も
 賑わっている。何度歩いても退屈しないこの道が私は大好きである。

d0156718_1864849.jpg

             カトマンズからバクタプールへ向かう途中にあるティミは焼物の街で
             道端で水甕や壺を藁や籾がらで蔽い野焼で作っているのが観られる。


    いま、こうして段ボール箱の中に眠っていた30年も前のスケッチを、
    ブログに少しずつ載せていく事で、自分の中の青春を蘇らせることが
    出来るのではないかと儚い夢に願いを込めながら・・・・・・・



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

by kame0401 | 2011-06-14 08:02 | 旅のつれづれに | Comments(0)

葵上 舞台寸描(6)

  葵上 (宝生流) 梓之出  舞台寸描(6)

  名古屋能楽堂 6月4日 宝生流 衣斐正宣師

能面教室の仲間Yさんの能面「般若」が使われると言うので、名古屋へ教室の皆さんと
出かけました。池田町の能面公募展で入賞した作品で、名古屋能楽堂での展示の際に
衣斐師の眼にとまりこの運びとなったものです。師の熱演にこたえて迫力満点の般若
でした。

d0156718_9574337.jpg

d0156718_914271.jpg

d0156718_91607.jpg
d0156718_9161486.jpg
d0156718_9163395.jpg
d0156718_9165964.jpg

by kame0401 | 2011-06-06 09:07 | 舞台寸描 | Comments(0)