2013年 07月 15日 ( 1 )

夜中の華麗な変身

        真夜中の華麗な誕生      クマゼミの羽化


        夜來の雨も上がり、網戸から涼しい風が入るようになったが、まだ寝付けない。真夜中の一時である。
        思いついてニューフェースのカメラを持ち外へ出た。我が家のマンションの南側の大きなケヤキの幹を
        覗くとやはりあちこちでクマゼミの羽化が観られた。ほの暗い茂みに雨露が街灯の光に白く浮き上がる。 
d0156718_1111096.jpg

        まだ緑色の透明な翅だが、翅の支脈にも体液が行きわたり、もうすっかり伸びきっているのだろう。
        一切画像処理をしていない写真には、穏やかな自然のぬくもりが感じられるような気がする。
        Carl Zeiss Sonnsr F2 の冴えか35mmフルサイズセンサーの威力か、画像を拡大すると実感。
d0156718_11111777.jpg

        蝉の幼虫は地中で7年を過ごし、羽化すると僅か2週間足らずの寿命だという。これを儚いというのは
        果たして中っているのだろうか。 結婚するまでの時空を抜きにした人生論が無意味なように・・・・



・…・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

by kame0401 | 2013-07-15 11:02 | カメラの眼で | Comments(0)