2012年 12月 20日 ( 1 )

旅の道連れ

         kameの足跡・旅の道連れ      私の絵具箱

      私が旅のつれずれに、描く絵は、出来るだけ現地で彩色をするようにしている。山に登ることも
      多い私は、歳の事もあり荷を軽くすることに、最大の努力と工夫をしており、絵の道具もしかり。
      絵具はウィンザーニュートンの固形透明水彩で、ここに紹介する二つも共にウィンザーニュートン
      社製の絵具セットを加工してセット出来る色の数を増やしている。
      これで、旅の途中に何処でも彩色が出来るので、レストランのコースターの裏に絵を描いたり、
      先のヘギの裏の悪戯描きも出来るというものだ。

      下段の市販のものが、14色なのを、筆を入れるところに6個追加して20色セットにしている。
d0156718_11402018.jpg

      これは、ふたの裏のパレット以外に、絵具の下からパレットが引き出せるようになっており、
      真ん中の穴に下から親指を入れて支えられるのは面白い工夫である。
d0156718_11481431.jpg

d0156718_2219497.jpg

d0156718_17181259.jpg

      下段の市販のものが、12色なのを、水を入れる小さな水筒や海綿を入れるところを、全部はず
      して更に22色詰め込み、何と34色セットに変身させた。
d0156718_2217257.jpg

      蓋は筆洗になっているので、2か所少し削って筆が滑らずに置けるように加工をした。
d0156718_17193534.jpg

d0156718_17195336.jpg

      彩色のときの参考に、共に色見本を作って絵具ケースに入れている。
d0156718_1721644.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

by kame0401 | 2012-12-20 17:12 | 旅のつれづれに | Comments(2)