嗚呼12月8日

嗚呼12月8日
d0156718_11420330.jpg

先般私の住む茨木市の高齢支援課の方の訪問を受け、「介護予防健康運動教室」なるものの紹介を受けた。
「来年の3月までに月2回計8回タクシーで送り迎え付きの運動教室」への参加というもので、日頃の運動不足を
感じていた私には有難いことなので早速申し込みその第一回目が先の12月8日だった。インストラクターの方も
親切で色々声をかけて下さり、どちらかと言うと人見知り気味の私も楽しいひと時を過ごすことが出来た。
こういう取り組みが「公的な制度」として行われていることにまず驚いたが、そこで働く若いインストラクターの
方が、12月8日が先の大戦の開始日だということを知らないことに年の流れを感じ衝撃を受けた。
12月8日開戦の日小学5年生だった私は敗戦は中学2年生。当時小学生は次代の戦力として疎開、中学生は戦争に
駆り出された大人の代役として工場や農場へ。
平和なればこそ私がこういう制度の恩恵を受けられるわけだが、8月15日が終戦記念日とされる前に愚かな戦争を
始めた日をこそ忘れてはならないのではないか。
もちろん12月8日以前から中国への侵略を始めておりそのことも忘れてはならないが・・・・

by kame0401 | 2017-12-08 11:31 | Comments(0)