昔を今に為す由もがな


        昔を今に為す由もがな 一枚の写真 

「時は戻らない」そんなことは判りきっていても昔は懐かしい。この写真は1967年の3月新婚旅行の時の一枚である。島島宿で一泊した私たちはそこからタクシーで釜トンネルの入り口まで行き、ここからは昔の釜トンネルのまっ暗で凍りついた坂道をヘッドライト頼りに歩く。トンネルを抜けると出口は雪のデブリで半分塞がり、冬の上高地は白い雪に閉ざされた別天地だった。ホテルや旅館はまだ閉まっていて泊れるのは上高地帝国ホテルの番小屋だけである。新婚旅行だから帝国ホテルに泊まっていると親は思い込んでいたらしいが・・・・011.gif
人のやらない新婚旅行を目指した二人、昨年の燕岳ではへろへろだったけれど兎にも角にも今日まで山登りを続けてこられたのは本当に幸運という外なく山の神に感謝せねばなるまい。そうだそれと我が家の山ノ神にも感謝感謝029.gif
d0156718_2083554.jpg
上高地帝国ホテルの冬の番小屋の名物親父・木村の親父さんと家内。このとき小屋の裏に親父さんが仕留めたテンの毛皮が板に貼り付けられていた。記念にと譲り受けて持ち帰り襟巻きに仕立ててもらったことも昨日のことのように思い出す。

d0156718_19322109.jpg
誂えた新品の登山靴を履き雪の上高地帝国ホテルを前に万歳、紅いザックの中身は?
島島宿の千代の家旅館一泊1,800円、帝国ホテル番小屋一泊600円也、1967年とはいえ格安の新婚旅行である。

by kame0401 | 2015-01-13 19:51 | kameの独り言 | Comments(3)

Commented by 鎌田順一 at 2015-01-15 18:25 x
ひえ~、先生お若いですね~。
Commented by kame0401 at 2015-01-17 20:03
「ひえ~」はないでしょう(笑)
半世紀?(怖わぁ~!)前は、私だって若かったんだから・・・
Commented by 鎌田順一 at 2015-01-17 20:37 x
あはは、失礼いたしました。m(_ _)m

先日1月10日に仲間内だけで新年会したんですが、その中の西中、栗山等(多分3年か2年の担任の先生になると思いますが)が藤本重廣先生を囲んで同窓会をしたいと云うような話してました、また、3年4組と合同でも同窓会出来ると良いですね。