マチャプチャレ   漢詩紀行(3)  

    マチャプチャレ峰

     ヒマラヤの名峰マチャプチャレ6993メートル
     マチャは「魚」+プチャレは「尻尾」を意味し、頂上が二つに分かれて魚の尻尾に見える。

d0156718_1642448.jpg


      仰双耳霊峰                    双耳の霊峰を仰ぐ 

        
 
      双耳 霊峰 聳九天               双耳の霊峰九天に聳え

      前人 未踏 白銀巓               前人未踏白銀の巓

      登攀 禁制 千年掟               登攀禁制千年の掟

      秀麗 孱顔 万古伝               秀麗の孱顔万古に伝う



      双耳の霊峰 九天に 聳ゆるさまを 

      昔より 魚の尻尾と 呼び伝う

      前人未踏の 神の座を 

      登攀禁制 千年の 掟を今に 

      麗しき 清き姿を とこしえに




d0156718_16434250.jpg


      立アンナプルナ聖域           アンナプルナ聖域に立つ

     
      眼前 霧霽 絶巓浮           眼前霧霽れて絶巓浮ぶ
     
      氷壁 峨々 八座抽           氷壁峨々として八座抽きんず
 
      指点 霊峰 人感嘆           霊峰を指点し人感嘆 
  
      山光 雲彩 望悠々           山光雲彩望み悠々たり



      霧晴れて 眼前浮かぶ ヒマラヤの 
      
      白き神々 峨々として 氷壁連ね 
      
      抽きんずる 八座の高嶺
     
      人々の 感嘆しきり 指をさす 
    
      望み悠に 霊峰の 
     
      光に満ちて 雲居に立つを
  




      熱いさなか、扇子で納涼して頂こう。

      絵は上のマチャプチャレ峰で、麓の観光名所ポカラからも望める名峰である。
      アンナプルナのトレッキングは、ポカラから登り始め、このマチャプチャレの
      ベースキャンプ地を通り、さらに奥へと登っていく。

      扇子の絵はそのベースキャンプから描いたもので、魚の尻尾の形もポカラから
      見るのと、少し変わってくる。

      また、このキャンプ地では突然の低気圧の通過で大荒れになり、雹が降り突風
      でテントが飛ばされそうになった。その時、シェルパ達が雹混じりの突風の中で、
      必死でテントを抑えて守ってくれたのには感動した。事実トイレテントは谷底に
      飛ばされてしまったのだから、思えば恐ろしいひと時だった。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

by kame0401 | 2010-08-08 01:00 | 漢詩紀行 | Comments(0)